河原純一(巨人・中日の元投手)素晴らしい活動中の現在


スポンサードリンク

現在の河原はサラリーマン!

*画像出典:mainichi.jp

なんと、ポーカーフェイスの守護神・河原純一は現在、四国でサラリーマンをしているそうです。

河原は神奈川県出身ですが、前述の通り、プロ野球を辞めてから四国リーグに入っています。

四国リーグでは正直、成績は良くなくて、2年しか活躍できませんでした。

そんなとき、所属していた愛媛マンダリンパイレーツの広告会社「星企画」から入社の打診が。

企画・営業を担当しており、2016年現在はサラリーマン2年目。

本人は40代にして初めて憧れていたサラリーマンになれたことで、現在の仕事に野球選手だったころよりも満足しているそうです。

*画像出典:https://www.news-postseven.com/

河原は現在、どんな活動をしている?

サラリーマンと言っても、野球と全く関係ないことしかしているわけではありません。

企画と営業で外回りなどもしていますが、野球教室なども行っています。

プロ野球から声がかからなくなり、四国リーグから声がかかり、2年も選手生命を延命できたことから、河原は四国に恩返しをしたいと思っていました。

そこで、星企画に入社した後も、野球教室などを通じて子供たちに「けがをしない練習」や野球選手になるための練習を経験を踏まえて教えているようです。



講演などの活動も行っている

たまたま同じ名前の「河原医療福祉専門学校」での講演もしたりしました。

四国にある専門学校ですが、こういった場所で講演活動も行っています。

2015年には北海道でも野球教室のゲストとして行っているなど、実績も多く、知名度が高いだけに全国からひっぱりだこですね。

関係ありませんが、現在も派手な生活は全くしていないようで、四国という不便な土地で生活しているのに車は持っていなくて自転車で移動しているそうですよ。

本当に愛すべきキャラというか、良い意味で変わった選手です。

これからもいろんなところで活躍して、星企画や四国リーグを盛り上げていって欲しいです。


スポンサードリンク