金城武(かねしろ たけし)イケメン俳優の現在!

かつて竹野内豊などと並び、物凄い人気を誇っていてイケメン俳優の金城武。

現在はほとんどテレビで見かけることはありませんが、以前はCMやドラマ、映画などで引っ張りだこの存在でした。

どことなく謎めいた雰囲気を醸し出していましたが、凛として整った顔立ちとスラッとした体型、そして評価の高かった演技力を持ち合わせながら、なぜ今はテレビで観なくなったのでしょうか。

今回は金城武のテレビで観なくなった理由と、輝かしい現在の活動を徹底的に調査してみました。


スポンサードリンク

金城武が有名になるまで

*画像出典元:hachi8

1973年10月生まれ、台湾の台北市出身。身長は180㎝。

日本人の父と台湾人の母を持っていて、現在の国籍は日本ですが、生まれも育ちも台湾です。

「金城武」というのは、実は台湾でも同じ字で本名なのですが、日本人の父親が「日本でも通常の名前として使われる武という字を用いた」そうですね。

ちなみに台湾での名前の読み方は「ジンチェン ウー」とのこと。

台北市内の高級住宅街である天母で育った金城武は、中学校までは日本人学校に通い、高校からはアメリカンスクールに通いました。

日本語と英語を流暢に話せるのは子供の頃からそういった環境にあったから。

高校時代にその端正な顔つきで台北市内でスカウトされたのをきっかけに芸能界デビューをします。当時まだ16歳。

この整った顔で高身長、さらに実家はお金持ちで清潔感も抜群ですからスカウトマンの目を引いたんでしょうね。

金城武の台湾での活躍

高校生ながらにスカウトされて芸能界入りした金城武の最初の仕事はCMでした。

台湾の清涼飲料水メーカーのCM。

ちなみにこの頃は台湾だけでの活躍でしたが、1997年には日本の代表的な飲料水であるポカリスエットのCMにも出ています。

台湾でのCMで注目を浴び始めた金城武は、その後、「ワンダーガールズ 東方三侠2」という映画に初出演。

徐々に有名になると、高校を卒業したころの1992年に歌手デビューも果たしています。

この頃はすでに物凄いファンがついていて、台湾の中でも「台湾小四天王」のひとりとしてトップアイドルと言われる存在になっていました。

金城武の当時の映像があったのでどうぞ。

*Youtube

演技も評価されているジャニーズタレントのような感じですかね。

日本語も話せるのですが、日本のヒット曲の台湾語でのカバーもたくさんやっていて、歌唱力も評価されていたそうです。

DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」の金城武の台湾語バージョンをどうぞ。

*Youtube

歌手としても評価され、俳優としても評価されていた金城武は21歳になる頃の1994年には香港映画「恋する惑星」に出演すると、香港映画でも瞬く間に活動の場を広げていきます。

そして、1990年代後半になる頃には国際俳優として活躍し、主な活動の場所を日本に移し始めました。

金城武の日本での活躍

香港がイギリス領から返還された1997年あたりに、金城武の活躍は日本と台湾、香港を股にかけて活動の場を広げていきました。

もっとも日本では1995年に「聖夜の奇跡」というドラマに出演していましたが、そこまで金城武は有名じゃありませんでした。

1997年に「MISTY」という日本の映画で初めて出演すると、そこから日本での活躍が増えていきます。

1998年は不夜城SLEEPLESS TOWNという映画に出演。
この年は「神様、もう少しだけ」というテレビドラマで主演を務めて、日本で大物俳優の仲間入りを果たします。

*Youtube

このドラマは深田恭子とのキスシーンが話題となり、深田恭子も中国や香港、台湾で人気となります。

ちなみに、深田恭子は現在も中国、香港、台湾で人気ですね。

1999年、映画「ターザン」で日本語版、香港版、台湾版の全てで声優を務め、3か国語を上手に喋れる金城武ならではの仕事もこなしています。

2000年にはドラマ「二千年の恋」で中山美穂とダブル主演を果たすなど、1990年後半から2000年前半にかけては一流俳優として日本で大人気となりました。

日本で活動して有名になりましたが、その間も香港や台湾の映画やCMに出続けており、かなり忙しい数年間を送っていました。

日本でもソニー、トヨタ、森永製菓、資生堂など超一流企業のCMに出演するなど、その人気の高さは当時の活躍から伺えますね。

金城武の最近の日本での活躍

1990年代後半に日本でブレイクして、2000年代には徐々に見なくなっていった金城武ですが、ここ最近での日本での活躍を調べてみました。

CMには2014年ごろまで日本でも頻繁に出演しています。

*Youtube

台湾と日本で放送されたCMです。

日本でのドラマ出演は2002年の「ゴールデンボール」が現在にもっとも近いドラマの出演となっていますが、2014年頃まではちょくちょくCMなどで起用されています。

金城武のもっとも最近の日本での映画は、やはりレッドクリフでしょう。

諸葛亮という日本人でも知っている中心的な人物の役を見事にこなし、主役ではありませんでしたが、主役級の活躍をこなしました。

レッドクリフは中国、香港、日本で発表された作品でしたが、金城武の評価は物凄く高く、かなり注目されました。

ちなみに、レッドクリフは2008年にパート1が、2009年にはパート2が放映されています。

映画は2009年のレッドクリフ、CMは2014年あたりまでいろんな企業のCMに出演していたというのが最近の日本での活躍ですね。



現在の金城武。結婚や活動などを調査!

レッドクリフで日本で再び活動開始かと思われた金城武ですが、その後はほとんどの活動を中国、香港に移していました。

しかし、台湾での活躍はほとんどナシ。

台湾でもCMには何度か出演していますが、レッドクリフに出演した2009年以降は映画に限って言うと中国・香港での出演のみです。
本数もそんなに多くありません。年に1本出演するくらいですね。

中国語で展開しているホームページを見てみました。

https://www.takeshikaneshiro.net/

こちらには出演作品などの紹介があるのですが、最新の出演も2014年のCMが最後です。

映画には太平輪という中国・香港の映画に出演しており、2017年は喜欢·你という作品に出演しています。

俳優としての活動をかなり限定的にしており、2014年以降は1年間に1本程度の作品にしか出演していません。

そして、日本での活動予定も現在のところないようです。

金城武は現在は結婚しているのか?

さすがは台湾が生んだスーパースターだけあって、台湾では金城武の結婚はかなり噂されているようです。

*Youtube

日本でも2009年のレッドクリフPartⅡのプレミアに参加した時に金城武が左手薬指にリングをはめていたことから結婚の噂がたちました。

しかし、その時は金城武は「特別な意味はないです。考えすぎです」と否定しています。

知名度も高く、現在も多くのファンがいるので40代になった金城武の結婚はしょっちゅう噂されているようですね。

隠し子の噂などもあり、本人もうんざりしているご様子でした。

金城武の現在のまとめ

・年に1本程度の映画での出演

・CMやテレビ番組での活動は日本だけでなく台湾や中国、香港でもほとんどナシ

・現在は台湾の台北市内に住んでいるとのこと。台湾に豪邸を建てており、そこで生活しています。

・台北市内の士林区に自宅があり、さらに台湾のメインストリートのひとつである民生東路沿いにも自宅があることが判明しています。

・現在も結婚はしていない模様。

・台湾には金城武のファンが未だにかなり多くおり、20年ほど台湾映画に出演していないことから待望論が多くあるそうです。

・薄毛の噂もありましたが、歳相応の髪質。一時期はちょっと薄かったそうですが、現在はふさふさです。


スポンサードリンク