植村花菜「トイレの神様」でヒットした歌手の現在

2010年、社会現象と言っていいほど話題になった植村花菜の「トイレの神様」。

ミニアルバム「わたしのかけらたち」の一曲だったこの曲が、有線放送の問い合わせ部門チャート月間1位を獲得し一躍ブレイクした彼女。
紅白歌合戦のメインにもなった彼女ですが、近年メディアへの露出がほとんどありません。
見なくなった植村花菜の現在をリサーチしてみました。


スポンサードリンク

植村花菜とは

*画像出典:アマゾン

1983年1月4日生まれ、兵庫県川西市出身のシンガーソングライター。

8歳のときにサウンドオブミュージックを観たことをきっかけに音楽への関心を持ち、主演のジュリー・アンドリュースに憧れ、歌手になる事を決意。

表現の主なスタイルはアコースティックギターを使った弾き語りで、ギターを始めたのは19歳の時で、独学でマスター。この頃から作詞・作曲にも目覚めだのだそう。

腕試しとして受けたオーディションでなんと1200人の中からグランプリを獲得!デビューのきっかけを掴みます。

2005年の5月にシングル「大切な人」でメジャーデビュー。
同年、自身のラジオ番組が始まったり、精力的にリリースしたりライブ活動を行うなど順調に見えましたが、なかなかヒットが生まれず苦しい時期が続いたようです。

「トイレの神様」が大ヒット!大ブレイクした2010年

デビューから5年もの間、売れない苦しい時期を過ごし、楽曲が生まれないスランプに陥ったり、あらゆることがうまくいかずに、一度は歌手をやめようとまで考えた植村花菜。

「トイレの神様」がヒットする直前は、「次のアルバムが売れなかったら契約打ち切り」というなんともシビアな現実を突きつけられ、追い込まれていたのだそう。

その苦しみからなんとか抜け出したいという必死の思いから生み出された「トイレの神様」

リリースしたアルバムの一曲にすぎなかったこの曲は、実体験を基に12年間一緒に暮らした祖母との思い出を綴った歌で、「トイレには女神様がいるんやで」という祖母の一番印象的な言葉を題材にした名曲となりました。

透明感溢れる歌声と、聞く人も共感できるようなエピソードに親しみのあるキャラクターで注目され、有線放送問い合わせ部門チャートの月間1位を獲得!

その年の「ベストヒット歌謡祭2010」でゴールドアーティスト賞を受賞し、人気の勢いは凄まじくNHK紅白歌合戦にも番組の目玉として初出場を果たしました。

*Youtube

声が本当に素晴らしいですね。

現在聴いても聞き入ってしまう名曲です。



大ブレイクから一気に転落。その原因はキツイ性格?

人気絶頂の2010年。
年末のNHK紅白歌合戦に出場が決まり記者会見が行われました。
その際、席上で「切るところが全く無い曲なので、9分間の歌を紅白でもカットせずに歌いたい」
と毅然とした態度で発言し、しばし話題に。

紅白初出場歌手らしからぬ要望に、芸能界の大御所和田アキ子もご立腹。
「誰の歌もカットするところはない」「どの歌手も時間の制約の中で歌っている」「新人の立場もわきまえないその発言は何?」と声をあげたのだそう。

結局、間奏をカットする形でNHK紅白歌合戦過去最長の7分55秒にわたって熱唱し、知名度もグッと上がる結果となりました。

しかし「トイレの神様」のヒット以降、植村花菜の露出が激減しています。
というのも、紅白の記者会見の要望発言エピソードでもうすうす感じ取れますが、植村花菜はもともと気の強い性格だといわれており、大ヒットを飛ばしたことで自信がついたからなのか事務所の方針に反発するようになり、意見が通らないと退社をチラつかせるようになったのだとか。

そのような振る舞いにしびれを切らし、『じゃあ、勝手にしろ!』と社長に言われる形で事務所を退社することに…と一部で報じられていました。
表向きは契約終了となっているようですが…

社長は業界内でも辣腕で知られていて、植村花菜も社長によりブレイクしたとも言われていたことから、なんとも不義理な態度をとってしまったことが、その後の歌手活動にダメージを与えてしまった可能性は否めません。

これが多くのサイトで消えた理由とされていましたが…

しかし、当時植村花菜が所属していたクリアスカイコーポレーションは、2015年に所属アーティストがいなくなり、その後休眠状態になっているそう。

植村花菜だけが悪いとは言えない状況だったのではないかとも取れますね。

植村花菜の結婚とそれまでの恋愛報道

植村花菜が「トイレの神様」でブレイクした2010年、同時に話題になったのが彼女の熱愛報道でした。

お相手はお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣

*出典:andGIRL

交際が報道されたきっかけは、キングコング西野が出演していたバラエティ番組「はねるのとびら」で、出演者に暴露されたからなのだそう。

売れっ子芸人と大ブレイク歌手の恋愛として注目されましたが、2012年頃に破局

破局の理由が色々と取り沙汰されましたが、「結婚のタイミングの違い」や「気の強い2人の喧嘩の多さ」原因ではないかという情報が多く上がっていました。

実際、キングコング西野は未だ独身です。

一方、植村花菜は音楽修行を行うために訪れたニューヨークで知り合ったドラマーの清水勇博2013年に結婚。挙式はオーストラリアで挙げたそう。

同い年で同じ地元、そして同じアーティストといった共通点があり、交際7カ月で結婚へ踏み切ったのだとか。

「夫の『そんなに頑張らんでもうまく生きていけるから』という言葉で人生が変わった」という植村花菜。
旦那さんも彼女にベタ惚れなのだそうですよ。

2015年には第一子を出産。なかなか壮絶な初産だったと語っています。
とても幸せな結婚生活を送っているようです!

現在の植村花菜

出産後、しばらくは地元である兵庫県で暮らしていたようですが、2016年の末に家族全員でニューヨークへ移住したと本人のブログで「☆新たなチャレンジ♪☆」と題し発表しています。

https://ameblo.jp/uemurakana/entry-12244220310.html

メディア露出は減っていたものの、音楽活動も日本にいる時から積極的にライブに出演したり、テレビ番組にも少しずつ出始めていましたが、旦那さんと出会うきっかけにもなったニューヨークひとり旅をした頃からの思いを実現し、メジャーデビュー10周年を迎えたタイミングを機にニューヨークでゼロからのスタート!

思っていたことは実現させる!といった気持ち良いほどに芯が強く、決断力が備わった人だなと感じますね。

渡米してから1年は地元のバーで歌い続け、すべての機材を地下鉄やバスを使って自分で運び、ギャラはチップだけといった本当にハードな活動を続けていたようですが、頑張っている彼女をサポートしてくれる方がどんどん現れてきているようで。

現在は、アメリカでも日本でもライブを行い、日本とアメリカを行き来する生活を送るまでになっているようですよ!

ワシントンD.C.のKennedy CenterのMillenium Stageでライブを行った際は、大半が外国人のお客さんという中、持って行ったCD全部売り切れ!といった盛況ぶり。

ブログやツイッターで活躍を見ることができます。

植村花菜のブログはこちら

植村花菜のツイッターはこちら

ブログやツイッターを見ても海外と日本を行ったり来たりしていて、とても忙しそうです。

メディアの露出は減りましたが、「あの人は今」状態というわけではなさそうですね。

また「トイレの神様」ほどの大ヒット曲を期待しています!


スポンサードリンク