8.6秒バズーカーの現在。消えた理由と噂の真相、干されたその後と今!

「ラッスンゴレライ」のリズムネタで2014年に結成1年も経たずに大ブレイクした8.6秒バズーカ―。
ハチロクとも略される彼らは、一時期テレビで毎日のように観る時期がありましたが、現在では「あの人は今」状態に。
消えた理由と、その真相、干されたその後、そして今の8.6秒バズーカ―をご覧ください。

8.6秒バズーカ―のブレイク

左から「はまやねん」と「田中シングル」の同い年のお笑いコンビ。

大阪府吹田市立第二中学校で同級生だったはまやねんと田中シングルが、NSC(吉本総合芸能学校)に2013年に入学し、2014年4月の卒業後にすぐに8.6秒バズーカ―を結成

結成から1年も経たずして、2014年11月のフジテレビ「オサレもん」という番組でネタを披露したことにより大ブレイク。

同年12月~1月には年末の特番だけで12本ものテレビに出演するなどのフィーバーっぷりでした。

(主な出演は初詣!爆笑ヒットパレードぐるナイなど)

ボケ担当のはまやねんが「ラッスンゴレライ」という謎の言葉をリズムに乗せて言い、ツッコミ担当の田中シングルが「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん」とつっこむスタイル。

その後にネタを披露するのですが、このラッスンゴレライが小中高生などを中心に流行って、一気に大ブレイクした8.6秒バズーカ―。

しかし、結成後で史上最速とも言われたブレイクは、史上最速で鎮火することになってしまいます。

8.6秒バズーカ―の消えた理由は反日疑惑

2014年4月に結成され、2014年11月にはテレビ出演。12月には大ブレイクした8.6秒バズーカ―。

しかし2015年1月には、ネット上に不穏な空気が流れ始めます

8.6秒バズーカ―の反日疑惑です。

この動画の他にもたくさんの疑惑がありましたので、動画の内容もまとめてみました。

・8.6秒バズーカーの8.6は広島原爆投下の日を意味する

・ラッスンゴレライは、落寸号令雷という原爆投下の号令を意味する

・ラッスンゴレライは、米軍の爆撃機であるラッスンヘル号を意味する

・ちょっと待ってちょっと待っては、米軍の爆撃機であるチョットマッテ号を意味する

・決めポーズは長崎の平和記念像と広島の原爆の子の像のポーズそのまま

・決めポーズの手は、手言葉で「し」を意味している

・はまやねんが大阪成蹊大学時代にツイートした中に「もう日本オワタ。中国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)植民地ぷぎゃあ」などと反日を連想するツイートをしている

・はまやねんがブログで長崎原爆投下日の前日8月8日に「明日は雪だるま作ろう」と、きのこ雲を連想する文章を記載。

・その他、はまやねんが多くの反日を連想する文章を投稿している

さすがにここまでの伏線があれば、弁明のしようがないほど、反日感情が強いコンビだと思われてしまいます。

実は2014年12月あたりにブレイクした8.6秒バズーカ―ですが、翌月の2015年1月にはネット上で反日疑惑は世間を騒がせていました。

そして本人たちがこの疑惑に対してコメントしていなかったこともあり、2015年3月には週刊誌もネタにするようになりました。

その結果、8.6秒バズーカ―が出演する番組のスポンサーなどに苦情が殺到するなどし、すぐに仕事はなくなってしまいます。

予定されていた仕事もキャンセルになってしまうほどで、8.6秒バズーカ―はブレイクして3か月で姿を消すことになってしまいました。

8.6秒バズーカ―が干されたその後

ブレイクしていた2014年12月にはYoutubeでアカウントを開設していた8.6秒バズーカ―。

2015年4月以降はほとんどのテレビ番組に出れなくなってしまいましたが、Youtubeでは動画を定期的にアップロードしていました。

(一通り見てみましたが、個人的にはあまり面白くありませんでした。個人の感想です)

ブレイク時にYoutubeを開設していたことは大正解で、ラッスンゴレライのリズムネタの動画は3000万再生以上を記録。

この再生回数はかなりの数です。

テレビから干されてしまった後も頑張って動画をアップしていましたが、2016年6月のアップロードで一旦はアップロードがストップ。

その頃の動画はアップしても多くても数万再生程度だったので、根気が続かなかったと思われます。

反日疑惑で炎上してからは、年間に数本しかテレビに出ていなくて、CMもタマホームとマルハニチロなど数社。
配信でシングルを5本もリリースしていますが、さほど話題に上がることもありませんでした。

そして、8.6秒バズーカ―の名前も完全に聞かなくなったころでした。

2018年1月に自身の解説するYoutubeアカウントで疑惑の真相を話して弁明しています。

以上の弁明をまとめてみました。

・8.6秒ははまやねんの50m走のタイム

・ラッスンゴレライは適当に思いついた言葉

・やまやねんも田中シングルも生粋の日本人

・チョットマッテ号は知らなかったが、たまたまだった

・落寸号令雷という新聞記事はねつ造されたものを確認した

・サングラスはマッカーサーを意味するものではなく、テレビ慣れしてないので目の表情を隠したもの

・反日のツイートは若かったころの政治観念

炎上から約3年が経って、Youtubeで弁明を行いましたが、コメント欄を見ると

「偶然にしては出来過ぎている」

とのコメントが乱立。

3年もの月日が経って弁解しているというのに、全く信じられていませんでした。

しかし、冷静になって考えると、8.6秒もラッスンゴレライもチョットマッテ号も偶然だったとしても、はまやねんの反日まる出しのブログやSNSでの情報発信が存在する限りは、日本人にとってあまり良い気がするものではないですね。

さすがにサングラスがマッカーサーを意味するというのは、アンチのこじつけのような気がしますが、本当の本当の真相は本人たち以外は知らないことでしょう。

そもそも、本人たちが「そんな意図はなかった」と意思表示しているし、反日を連想するネットでの発信にも謝罪しているし、今現在、反日ではないというのであれば受け入れる許容性は必要なのかなと思いますね。

8.6秒バズーカ―の干されたその後は、

・Youtubeで一時的に動画をアップしており、2018年から再開し始めた

・一部のテレビ出演やCM、音楽配信も行ったが、再ブレイクには至らなかった

そして再び陽の目を浴びることなく、現在の活動に続きます。

8.6秒バズーカ―(はまやねん、田中シングル)の現在

一発屋とも一瞬屋とも言われている8.6秒バズーカ―。

前述の通り、炎上後はテレビなどでの活躍はほとんどなくなっていますが、以外にも芸人としては現在も活躍しています。

所属する吉本興業のホームページを見ると、ヨシモト∞ドームやよしもと幕張イオンモールなどで毎月欠かさず3件以上のライブが現在も入っていますし、それ以外にも地方のイベントにも営業をしているようです。

あれだけ炎上して反日芸人と揶揄されたので、コンビ名を改名したりラッスンゴレライのネタを辞めた方が良いかなと思うのですが、現在もブレイクしたネタで頑張っています。

地方の営業もほとんどこのスタイルらしく、始めてみる人にはウケるかもしれませんが、何度も観るものではないですね。

でも、リズミカルな変わった振り付けとセリフ、楽しそうに芸をする姿はしばらく見てるとニヤリとしてしまいます。

収入についてもいろいろな噂がありました。

全盛期は月収で500万以上になったとコメントしておりますが、それも3か月程度で終息。
さほど貯金はないはずでも現在も意外と多くのライブや営業をこなしているところを見ると、現在も月収で100万円近くはあるのではないか、という情報も

実際にとある取材ではバラツキがあるものの最近は月収30~70万円ほどとコメントしています。

たしかに、田中シングルに関しては炎上後の2017年に結婚して子供もいますので、家庭を支えなければならない立場からそこそこの収入は推測できます。

*ちなみにはまやねんも炎上後の2016年に結婚しているものの2018年に離婚している。

また、田中シングルは2018年8月に吉本坂46の最終オーディションに合格して、吉本坂46のメンバーとしての活動もあるため、田中シングルの方が収入は多いと思われます。

地方のイベントですが、リズムネタでブレイクしただけあって、音楽のイベントにも呼ばれていることも多いです。

ライブに地方のイベントに全盛期ほどではなくとも、現在も8.6秒バズーカ―は芸人として忙しくしているみたいですが、最近はabemaTVなどのネットテレビにも出演する機会が増えています。

また、2019年10月には田中シングルはカタカナ表記の「タナカシングル」に改名

テレビに出れなくなったきっかけであるコンビ名の8.6秒バズーカ―と、ネタのラッスンゴレライは変更しないのに、田中シングルはタナカシングルに改名しているところを見ると、現在も充分に仕事があることが伺えますね。

知名度は十分ですし、反日疑惑も必死に弁明して謝罪もしている8.6秒バズーカ―。

また新しいネタなどが出来たら再ブレイクする可能性もありますので、これからも芸人としての活躍を期待しています。