マリエの現在!セレブじゃなくなった?驚きの真相に迫る!

2005年から2010年にかけてテレビで見ない日はないほど活躍していたタレントのマリエ。
元祖・ハーフタレントともいうべき存在で、タメ口タレントのパイオニアの彼女だが、ここ数年はほとんどテレビで見なくなった。
富と美貌を掛け持った彼女が、現在どのようにして過ごしているのか追跡!

スポンサードリンク

以前、ファッション誌「ViVi」などで活躍していたマリエ

9ec3ba19b0e4f26f8e02e00ccd4*画像出典:matome.naver.jp

石油王の娘!?マリエは根っからのお嬢様

1987年生まれ。身長170㎝。カナダ人と日本人のハーフです。
父親はフランス系カナダ人。自動車オイル輸入業の社長をしていました。母親は日本人で客室乗務員。日本でサロンを経営していて、根っからのお嬢様としてマリエは育てられました。
(*父親は石油王とのうわさがありますが、オイルの輸入業をしていただけで石油会社の社長をしていたわけではありません)
ちなみに、マリエは乗馬4級の資格も持っています。

3人姉妹の末っ子。姉の勧めでモデル業に

お姉さんがもともとモデル業をしており、その影響でマリエは小学5年生から子役のモデルを始めます。
10歳にしてモデルとなりましたが、現在の事務所は原宿でスカウトをされて所属することに。


*画像出典:valens11.blog68.fc2.com
そこからファッション雑誌のViViで表紙を飾るほどのスーパースターまで上り詰めます。
(ViViはハーフを多用する傾向がありますが、マリエはその中でも突出した美貌とスタイルで大人気のモデルでした)

2005年からタレント活動を本格始動

「世界バリバリバリュー」という番組でセレブなアイドルとして出演したことをきっかけにテレビでの露出が増え始めます。
2006年にNHKドラマ「マチベン」では女優としてもデビューを飾り、このころには有名人に。
そして翌年には笑っていいとも!のレギュラーになり、その後も一流ブランドのイメージキャラクターなど順風満帆。
2010年にいいとも!を卒業するまでテレビに出っぱなしの状態でした。

2011年ごろ、急に見なくなったマリエ

なぜテレビで見なくなったというと、結論から言えば、
ニューヨークのパーソンズ美術大学に入学したため
です。

テレビ側(番組制作側)の「マリエは使いづらい」などの性格的な問題もあったようですが、ズバズバと物を言う性格が視聴者にはウケるもののスタッフとしては難しい問題もいくつかあったようです。

「くだらねっ。世の中、チャリティ産業かよ」

「金だけ出せばいいと思いやがって。
今や募金していない芸能人の方が非難される始末。こっちはいろんな所から募金してって連絡が絶えなくって困ってんだよ!
みんな大っ嫌い!」

*東日本大震災の後に芸能人がチャリティをおこなっていることに関して。

それでも、女性に高い支持を得ていたので割と長くバラエティなどには出ていました。
ただ、ベッキー、ローラ、ダレノガレなど…多くのハーフタレントがいる中、流行り廃りの多い業界なので干されていった感もありますね。実際、ベッキーも不倫しただけでテレビからほとんど姿を消しましたし、代役は次から次に出てくる業界です。

マリエが入学したパーソンズ美術大学とは

*画像出典:ja.wikipedia.org

ニューヨークのマンハッタンにあり、マーク・ジェイコブス、アナスイ、アレキサンダー・ワンなどの超一流ファッションデザイナーを輩出している私立大学です。

もちろん英語ができないと入学できませんが、マリエは高校時代にアメリカに留学していたこともあり英語は問題ありませんでした。

2011年に留学して、半年後の2012年には社会人向けプログラムを終了し帰国しています。



現在、マリエはセレブではなくなった?

石油王と呼ばれていた父親の会社は倒産し、両親は離婚。

かつてセレブと呼ばれていたお嬢様もセレブとは言えない状態になっているという噂がありましたので、調べてみました。

ネット上での噂

父親の会社が倒産し、多額の借金があり、マリエ自身も差し押さえをくらうほどの状態に陥っている

「マリエ、ヤバすぎる現在」などいろいろな噂がありましたが、週刊誌の女性自身がこのことについて母親にインタビューして否定していました。

「サロン店の事業も拡大中。確かに離婚はしていますが、それはもうずっと前の話。ローンはあるけど、私個人(マリエの母親)の話で、差し押さえと言っても固定資産税を収め忘れた10万円ほど払った程度ですよ」

なぜネットってありもしない噂が流れるんでしょうか・・・

母親が言う通りとすれば、多額の借金があるというのは嘘の噂ですね。

自身の経営上でのローンはあるようですが、借金地獄というのは完全に否定した方がよさそうです!
事業拡大で新規店舗をオープンするにはローンを組むのが通説であり、ローンを組むには多額の借り入れがあれば不可能です。

ただ、「固定資産税が10万円」と言う事はセレブと言えるほどの資産ではないというのもわかります。

つまり、マリエは以前ほどのセレブではない。というだけのちっぽけな問題のようです。

そもそも、アメリカの一流大学に留学するって借金ある状態じゃ無理でしょう。。。

現在もタレントとして活躍中のマリエ

*画像出典:BrandNewS

突然短髪にイメチェンしてニュースにもなったマリエですが、現在はファッション関係の番組に出演するなど、以前のようにバラエティ路線ではありませんがまだまだ活躍しています。

NHKの「TOKYO FASHION EXPRESS」を2015年からMCとして活動しているのが一番大きな活躍。

他にも、国内の服飾専門学校で講義を行っていたり、

ラジオのナビゲーターを務めていたり、

ファッション誌でのモデルやその他テレビ番組やYoutubeチャンネルでの出演

とにかくまだまだ活躍中です!!!

Instagramでは現在のマリエの状況をかなりリアルに確認できます。

マリエのインスタはこちら

ブログもたまーーに更新しています!

マリエのブログはこちら

特にインスタはマリエの写真がいっぱいで目の保養に最適です笑

最後にいまだに衰えない美貌を持ったマリエの現在の写真をどうぞ。


*画像出典:https://www.fashion-press.net/news/gallery/4662/72038


*画像出典:superkawaiiclub.blogspot.com

多数いるハーフタレントでも突出して美人ですね。

トークもできるし、ファッションセンスや知識もあるし、まだまだタレントとして活躍できそうなので、現在のマリエのままでこれからも頑張ってほしいです。

またマリエの新しい情報が入り次第、更新します!


スポンサードリンク

【追記】

マリエがブランドを立ち上げた!

2017年6月、マリエが「東京でもECでも売らない。地方だけで販売するブランド」として

「パスカルマリエデマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS)」

の設立を発表しました。

モデルやタレントを長く経験して、常人には考えられないほどの服を着てきたマリエ。

しかも、広告塔としての役割を担っていたので、良い服ばかり着てきたはずです。

そんな彼女が、本格的にデザインを何年も学んで仕上げた服なので、めちゃくちゃクオリティは高い!

生地はもちろん、ファスナーなどもメーカーにこだわりまくっていて、人脈も生かして大手のメーカーと協業。

ECでは売らないというコンセプトですが、ありました。

PASCAL MARIE DESMARAIS

↑クリックでマリエのブランドのショップサイトに飛びます。

マリエは生まれながらのお嬢様ですが、デザインはカジュアルでクールなイメージですね。

値段はその辺のブランドと比べると少々お高いですが、生地など素材にもこだわっているのを考えると妥当でしょうか。

気になる方は是非ショップサイトのご利用をどうぞ。

売り切れも多いようです。

マリエが有吉ジャポンに登場!

マリエが久々のテレビ番組に登場しました。

有吉ジャポンという番組で、現在のマリエの活動などを取材。

かつては日本国内に何件もの別荘を構えていながら、現在は中野区にある中古の物件で暮らしていると言っていました。

相変わらずのトーク力。

そしてトップモデルでもあった美貌は健在ですね。

昔はクラブで朝まで飲み明かしていたそうですが、現在は中野坂上の居酒屋で飲むことが多いそうです。

展開しているブランドはあまり儲かっていないそうで、売れていた時期に貯金していなかったことを後悔しているみたい。

でも、PASCAL MARIE DESMARAIS(マリエのブランド)のサイトを見ると、めちゃくちゃオシャレだし、これから間違いなく再ブレイクするでしょうね。