シャズナ(SHAZNA)の現在。IZAMと全メンバーの今!

88万枚の大ヒット曲「Melty Love」がメジャーデビュー曲で大ヒットし、1990年代のビジュアル系バンドを牽引したシャズナ(SHAZNA)。

テレビでは引っ張りだこ、アルバムはミリオンセラーとなり、売れに売れたバンドの全メンバーの現在を追ってみました。

SHAZNAの全盛期あの頃

*画像出典:BARKS

1993年に結成されたビジュアル系バンド。
結成当初は、IZAM(イザム)、NIY(ニー)、NIYの弟の3人のバンドでした。

1996年にはNIYの弟の代わりにA・O・I(アオイ)がギターで加入し、有名になった時の3人組バンドの形になりました。

インディーズ時代からかなりの人気を博しており、1997年に「Melty Love(メルティラブ)」でデビュー。
するとその楽曲が大ヒットして、一気に大物アーティストの仲間入りを果たします。

ビジュアル系ということもあり、中世的なルックスを売っていましたが、IZAMが180㎝の長身でありながら「女性より女性らしい」と評判でしたね。

現在ではこのビジュアル系が万人ウケするとはあまり考えられませんが、当時は本当に人気が凄かったです。

ビジュアル系のルックスだけではなく、SHAZNAといえば、かなりメロディが良くて楽曲も評価されていました。

ボーカルのIZAMは、女性っぽい演出により歌唱力があまり評価されていませんが、IZAMでなくてはシャズナは成立しない印象でした。

メジャーデビューした1997年は日本有線大賞最優秀新人賞を受賞。

翌年はアルバム「GOLD SUN AND SILVER MOON」がミリオンセラー

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでデビューから有名になり、「シャズナ現象」と呼ばれる社会現象まで起きたほどでした。

あまりの人気にメンバーの睡眠時間もほとんど確保できない状態が続き、デビューから3年後の2000年10月に活動休止を発表。

SHAZNAの休止・復活→解散まで

マリスミゼル、ラクリマクリスティなどと共にビジュアル系バンドの一時代を築いたシャズナですが、メジャーデビューから3年後となる2000年にツアー終了と同時に活動休止期間に突入しました。

当時はビジュアル系の衰退期ということもあり、忙しさも落ち着いてかなり貯蓄もあったのかと思います。

2006年には6年ぶりに復活

その6年間の間、メンバー同士は交流を続けていたそうなので、メンバー同士の仲は良さそうですね。

渋谷で復活ライブを開催したことでSHAZNAとしての活動が再スタートされましたが、たった2年半で解散することになってしまいます。

2009年の解散ライブの映像がこちら↓

活動休止期間中にコンビニのアルバイトをするほど困窮していたことなども、SHAZNAのメンバー合同の著書「ホームレスヴィジュアル系」で公になっていました。
復活してもMelty Loveほどのヒット曲に恵まれず、やむなく解散という形になってしまいました。

しかし、2017年にSHAZNAではなく新華(しんか)というグループ名に変更して再スタート。

メンバーも新しく3人を迎えて6人体制で現在は活動しています。

元SHAZNAのメンバーの現在

現在は新華というバンド名で活動していますが、全盛期に比べると限定的な活動となっています。

では、それぞれのメンバーの現在を調べてみましたので、どうぞ。

IZAM(イザム)の現在

1972年4月23日生まれ、東京都府中市出身。

父親は元国鉄スワローズの日根紘三というプロ野球のピッチャーだったことはあまり知られていません。

180㎝の高身長で、小さなころはバレーボールをやっていたスポーツ万能のタイプでしたが、音楽の道に進みました。

SHAZNAの言わずと知れた中心メンバーで、メンバーの中でも知名度がもっとも高いイザム。

吉川ひなのの元旦那吉岡美穂の現在の旦那ということでも知られていますね。

現在は新華というバンド名でSHAZNAのメンバーとライブ活動などを行っていますが、ソロでもライブ活動やテレビ出演を行っています。

また、最も精力的に活動しているのがミュージカル舞台での出演です。

ベニバラ兎団(うさぎだん)という演劇を2008年にIZAMが立ち上げ、都内を中心に幅広く活動中。

ベニバラ兎団のホームページは→こちら

現在はこの舞台での活動が一番多いのですが、テレビなどでも見る機会もそこそこありますね。

もともと綺麗な顔立ちだったので、歳をとった現在のIZAMもイケメンです。

NIY(シャズナのベース担当)の現在

1972年10月29日生まれ、東京都出身。

インディーズ時代は弟もSHAZNAのメンバーでしたが、弟は高校生だったこともあり脱退しています。

NIYはインディーズデビュー前に結婚していたことは有名です。

ですが、爆発的に売れて大金を手にすると奥さんの浪費癖が本領発揮。

子供もいましたが、そのまま離婚しています。

最初のSHAZNAの活動休止後は、FANBLE(ファンブル)というバンドのベースを担当するなど、ベーシストとして活動しましたが、SHAZNAが再結成されると現在も新華のベース担当としています。

その他には俳優としても活動しており、エムキチ・ビートという劇団で舞台俳優をしていたり、2014年には音楽青春映画「メタルカ -METALCA-」という映画で映画にも出演。

*画像出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0061005

ちなみに、イザムとは別々に舞台俳優として劇団に所属しており、あまり俳優としての接点はないようです。

ツイッターもアカウントがありますが、2010年で更新は停止。

本名は非公開ですので、違う名義で活動しているのかとも思われているようです。

A.O.I(SHAZNAのギタリスト)の現在

1972年11月8日生まれ、北海道出身。(育ちは千葉県のようです)
SHAZNAのイケメン担当と言われる男前です。

弟は俳優の萬 雅之(よろず まさゆき)。奥さんは女優の森本玲。

活動休止中からソロとして活動していたギタリストのA.O.Iですが、現在もギタリストとして活躍中です。

さらに、2011年には通信大学の大手前大学の非常勤講師に義父の繋がりから就任することになりました。

さらにR2Y+J(リリィジョーカー)というバンドでボーカル兼ギタリストとしても活躍しています。

*画像出典:R2Y+J公式サイト

ソロでも弾き語りのライブなどを多く行っており、ギターの腕前だけでなくて、歌唱力と作曲の才能はかなり高いとの評価です。

A.O.Iは今後も、ソロ活動、大学非常勤講師、作曲家、そしてリリィジョーカーでの活動など、音楽を通じた活動を展開していくと思います。

イケメンだし、テレビ出演もたくさん期待したいですね。

その他の現在のSHAZNAメンバー

Raychell(レイチェル )

2017年にセカンドボーカルとしてSHAZNAに参画したレイチェル。

以前はLAY(レイ)という名義でデビューしていましたが、現在はレイチェルとして活動中。

歌唱力だけでなく、カッコいい女性としてファンも多く、ベースを弾くこともできます。

女性バンドの「RAISE A SUILEN」のボーカル・ベースも担当しており、新華とバンドを掛け持ちしています。

また、2019年からは声優活動も。

レイチェルは声優としても評価が非常に高く、今後も活躍が期待されますね。

Asuka(アスカ)

サックスを担当するアスカ。

モデルとしても活動する美女で、東京エロティカルパレードというグループのメンバーでしたが、現在はそのグループは活動していません。

ツイッターをやっていますので、ワンショットご覧ください。

サックス奏者の中でも超がつく美女ではないでしょうか・・・

現在はシャズナでの活動が少ないので、サックス奏者としてライブなども行っています。

夏芽(ナツメ)

ドラム担当の夏芽。本名は松浦夏芽。

元々は女性バンドの「Claddaph Ring」でドラムを叩いていたそうです。

ドラムを叩くとは思えないほど可愛い顔してますね。

2018年からはレイチェルと一緒にバンドを持っていて、そこでドラマーとしても活躍しています。

また、2019年にこれまたレイチェルと一緒に声優としても活動を開始。

バンドリというアニメに登場するマスキング役を務めています。

現在の夏芽の画像はこちら

ドラマーとしても評価されており、SHAZNAの新メンバーの中でも最もファンが多いです。

ドラムでは他のバンドのサポートなどもしており、ビジュアルも実力も高いと評判です。

以上、シャズナのメンバーの現在でした。

新メンバーも加わって面白い展開になりそうでしたが、2017年に再始動してからはさすがに以前ほどの人気はげんざいのところ出ていませんね。

これから新たにSHAZNAの新しい情報が入り次第、更新します。